2013年07月15日

馴れ初めの書き方

約10年前の話。

国際結婚の手続きが終わり、入国管理局に持って行くビザの申請書類を準備しているときのこと。
名前や住所はもちろん、家族構成から年収まで詳しく書き込む申請書。
その中にこんな項目があった。

結婚に至る経緯

これってつまり馴れ初めってことよね。

おいおい、飲みの席じゃないんだからそんなことマジに聞くなよ、ははは。
なんて照れてる場合ではない。

これから私は、出会って、告って、付き合って、親に結婚の報告して…という2人の愛の軌跡を、真面目な文章にしないといけないのである。

ちなみにだんなは、物事を伝えることと文章を書くことが極端に苦手なので、私が代筆した。
日本語が不得手なのではなく、どうやらそういう性格のよう。

それにしてもどこまで詳しく書けばいいのか、さじ加減が良く分からない。
たぶん偽装結婚かどうかを審査する材料にしてるんだろうから、日付と事柄の箇条書きでは真実味に欠けてダメな気がする。
ここはやはり熱い思いの丈をぶつけた方がいいんだろうか。
でも気持ちを込めて書いて、入管の人に「こいつどんだけ自分に酔ってんだよ。詳しすぎワロスwww」とかなって内部で回し読みとかされたら死にたい。

いつまでも悩んでいてもしょうがないので書き始めることに。

日付や場所などは、覚えてる範囲でなるべく具体的に。
事柄や心境などは、直接的で感情的な表現を避ける。

この二つを心がけながら、できるだけ淡々と、しかし詳しく書いていく。
結局A4用紙3分の2ほどの量に。

そして試行錯誤の結果書き上がった文章を読み返してみて思ったこと。

あぁ…キスイヤのカップル紹介VTRで流れるナレーションみたいだ…。

読めば読むほど、頭の中であのナレーションの声になっていく。
安い、安いよ…。
まぁ、でも仕方ない。大恋愛でもないし、そもそも私の文章力ではこれが限界だ。

だんなに「これでいいかな」と見せたら、明らかに流し読みってゆーかもう5秒くらいで返されて「いいと思うんなら、いいんじゃない」と言われる。

本当にテキトーである。
マレーシア人のテキトーをナメたらいけないんである。
もう一度言う。
本当にテキトーである。

貴様の書類だよ?って思ったけど、どうせ言っても読まなそうなので、そのままファイルにしまった。

で、私の懸命の努力の賜か、めでたく「日本人の配偶者」ビザが下りた。
ま、よっぽどじゃなきゃ普通は下りる訳で、今思えばあんなに緊張する必要はなかった。
やっぱり私は慎重で真面目な日本人である。

この数年後、私は在日中国大使館領事部に現地職員として雇用され、約3年間勤務することになるのだが、その間数えきれないほどの「馴れ初め」を読むことになる。
自分で申請書を書いた当時は、こんな仕事に就くとは思いもしなかったが、ただ一つ気付いたことは、私の書き方は正しかったということ。
きっと入管の人も、良く書けていると思ってくれていたに違いない←

そしてその経験を活かして、「馴れ初め」の書き方に悩む中国人に、的確なアドバイスをすることができた。
まさかあんな恥ずかしい思いをしながら書いたことが、こんなところでピンポイントに役立つとは、人生分からないもんです。


ランキングに参加しています↓ぽちっとな↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by しゃちま at 12:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | だんな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。