2013年01月07日

あけおめとマレーシアの中国語2

明けましておめでとうございます。
っつても世間はもうすっかり仕事モードなわけで。今更かよってお思いでしょうけど、主婦はこの辺の境が曖昧。気分はまだグレーゾーンでダラダラしてますが、今年もよろしくお願いいたします。

正月は実家で育児放棄の数日間。母を家政婦兼乳母扱いし、まったく癒しの日々だった。自立してない頃に戻りたい、能書きばかりたれて世界を知った気になっていた学生時代に戻りたい、と切実に願いながらうちに帰る。

さて、うちの中は一体どんだけめちゃくちゃになってるんだろうか。まずは洗濯機から溢れているに違いない洗濯物を洗って、それから発砲トレイの散乱しているであろうキッチンをキレイにして、とか考えながら玄関を開ける。

なにこれキレイ。

ぜーんぜん散らかってないのである。洗濯物はきちんと干してあるし、キッチンには洗われた牛丼屋のトレイ。布団だってきちんと畳んである。
「も〜私がいないとダメなんだから〜うふふ♪」って言いながら片付けるのやりたかったのにできなかった。
なんでだい。やっぱり私がマイルド鬼嫁だからかい。
私の帰宅に戦々恐々としながら、一人で黙々と家事をこなすだんなの姿を想像して、ニヤリとしたドSな年明けでした。


突然ですがここで不定期開催、マレーシアの中国語講座。
今日はこれ。

踏脚车(ta4jiao3che1)

「踏」は動詞で「脚车」は名詞。台湾の中国語を聞きなれた人なら、もしかしたらピンとくるかも。

正解は「自転車に乗る/こぐ」

通常の中国語テキストには「骑自行车(qi2zi4xing2che1)」と載っている。まぁ、私もそれで習った。なんて発音しにくいんだ、と憤りを覚えたセンテンスの一つである。
なので、このマレーシア華人の言い方を聞いたときは、これいただきって思った。

ちなみに台湾人は「踏脚踏车(ta4jiao3ta4che1)」と言っている。また大陸でも南の方ではこの言い方のほうが一般的なようだ。どの辺の南からなのか、とか細かいことは聞かないでいただきたい。研究してるわけじゃないので知らん。
これもなかなか言いやすいが、マレーシアの言い方には負ける。ただ誰にでも通じるのかは疑問。

また、よりマレーシア華人に近づくには、まず「踏(ta4)」の語尾を詰まらせ「タッ」にし、「脚车(jiao3che1)」はche1の反り舌音をなくせばok。
これであなたもマレーシア華人。
っつてもマレーシアって道路危なすぎて、ほとんど自転車乗らないから使う機会皆無だけど。

ご清聴ありがとうございました。
今年も頑張ります。もとい、今年は頑張ります。
posted by しゃちま at 22:33| マレーシアの中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。