2013年01月21日

ハッピーバスデイ★不動明王

今日は郵便局に手続きへ。無事済んだところでケータイを見ると不在着信が。父からだった。
折り返してみると、「ねーねー明太子スパゲティの作り方教えて」という驚きのガーリーな要件。

私の父は少し変わっている。
ゴミ置き場で見つけてきたマネキンの頭部を自宅の裏の路地に設置し、そこを通る人が「ひっ!!」と言って驚く姿を、夜な夜な窓からこっそり眺めては楽しんだりしている。
こんなもん、出るとこに出たら本当にまずいんである。
今はだいぶ丸くなったが、基本的に短気で頑固だ。おまけに外見はと言うと、高倉健から全ての優しさを引いたような顔をしているので始末が悪い。

そんな不動明王にパスタの作り方を教えるという、アナーキーな電話も無事終了。
しかしその後、晩飯の支度をしていて、ふと気が付いた。

今日は父の誕生日。

もしやさっきの電話は、娘に誕生日おめでとうと言ってほしくてかけてきたんじゃないのか・・・!?
そう思い始めると、そうとしか思えなくなってくる。
本当は聞きたくもない明太子スパゲティの作り方なんかを口実にして電話してきたに違いない。博多の明太子をたくさんもらたっていうのも、きっと嘘。本当は誰も明太子なんか送ってないんだね。
それにしてもなんて下手な口実なんだ・・・!!不動明王のけなげさに胸の奥がしゅんとなる。

なんだかいてもたってもいられなくなって、もう一度父に電話をする。
「はい」
「お父さん、お誕生日おめでとう!!」
ありったけの愛を込めて、私は言った。
しかし次に父の口から飛び出した言葉は、私の期待を見事に裏切るものだった。

「うわー!!なんだよ、やめてくれよ!!考えないようにしてたんだよ!!!もう68だぜ、老人だよ、老人。嬉しくもなんともねーよ。はぁ〜・・・。え、なんかくれんの?」

なにもそんな一気に言わなくても・・・。
イヤなのは良く分かったよ、ごめんよ・・・。
プレゼントはないよ、さっき思い出したんだから・・・。

仕方がないので、息子の声を聞かせて、プレゼントとする。
息子の「じーじ、じーじ!」という可愛い声に満足したのか、上機嫌で「息災だね。じゃ!」と言って、相変わらずの光の速さで電話を切った。いつものように途中でツーツーという通話終了音にかき消される私の「じゃあね」

息子はその後も相手のいないケータイに向かって、しばらくじーじじーじと言っていた。息子や、お前も私のように振り回されているのかい。

何だかんだ嬉しかったよね、きっと。そう思うことにする。

ハッピーバースデイ 父!

posted by しゃちま at 22:44| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。