2013年02月13日

多幸の樹ガジュマル

カンボジアのタ・プロームという遺跡をご存知だろうか。

12世紀末に仏教寺院として建立され、後にヒンドゥー教寺院に改修されたと考えられている遺跡。
こちらは約10年前に私が実際に撮影したもの。
FH000023.JPG

FH000025.JPG

ガジュマルという樹木による浸食が激しく、遺跡内部の壁のほとんどが今にも崩れそうだ。
うーん、何度見てもこの雰囲気には圧倒されてしまう。
なんともかんとも宮崎駿チックよね。肩にキツネリス乗せた巨神兵が今にも出て来そうだもの。

ここで初めてこの樹の存在を知って、とても好きなった。
まるで溶けたアイスがそのまま固まったかのように、気怠そうに伸びた根っこ。彩度の強い南国の青空と、鮮やかなコントラストを成す艶やかな緑の葉。
その佇まいは、まさに鷹揚なアジアの文化を体現しているかのよう。
また東南アジアを始め、アジア諸国では「精霊の宿る樹」や「多幸の樹」と呼ばれ、神聖視されている。
あと名前もなんかいい。つよ可愛い。

でも帰国後は日々の忙しさに押され、だんだんと忘れていってしまった。

それから数年後、結婚して何度目かにだんなの実家に帰った際、義父が自慢げに見せてくれたのがこちら。
DSC05544.JPG

ガジュマル!しかも花咲いてるよ!でか花咲くんだ、これ。
花もなんだか南国らしくていいなー。
形もナマメカシクテいいなー。内股だよ。
義父によると、花が咲くのは珍しいことなんだとか。

そしてさらにその数年後の現在、ついに念願のmyガジュマルを入手。
写真8.JPG

高さ15センチほど。小ぶりだが、注目すべきはその形。
両方の手を右ひざの上に乗せ、重心を少し右に傾けているかのように見える。女性だったらおそらく、たわわな胸がグッと真ん中に寄せられていることだろう。なかなかセクシーだ。
ガジュマルの魅力はやはりクネクネなので、理想の形に出会うまでけっこう探した。

可愛い。大好きだ。
新らしい葉が出てくるたびに、ニヤニヤしている。

花が咲くのを楽しみにしているんだが、やはり熱帯気候の屋外で育てないとダメだろうか。
それによく見ると、義父のと葉っぱの形が違うのよね。種類が違うのかしら。

まぁ、咲くのか咲かないのか、咲くとしたらいつになるのかも分からないけど、咲いたら報告します。


ガジュマル★オシャレな手書き模様風陶器鉢! 【マラソン201302_フラワー】【最大ポイント10倍】【メッセージカード対応】【取説あり】【ラッピング無料】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_メッセ】【楽ギフ_メッセ入力】
ガジュマル★オシャレな手書き模様風陶器鉢! 【マラソン201302_フラワー】【最大ポイント1...ガジュマル7号鉢 かわいいサイズでも太い幹はダイナミック!【観葉植物】贈答・お祝い・法人ギフトに!【リビング】【モダン】【トロピカル】【インテリア】【楽ギフ_包装】【マラソン201302_フラワー】ガジュマル7号鉢 かわいいサイズでも太い幹はダイナミック!【観葉植物】贈答・お祝い・法人ギフト...


ランキングに参加しています!
↓ぽちっとな↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
にほんブログ村
posted by しゃちま at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。