2013年03月03日

これさえあれば!無敵調味料黒醤油

黒醤油。正式名称を「老抽王(lao3chou1wang2)」という、中国広東省名産のたまり醤油。
日本の醤油と違って、若干のとろみと甘みがあるのが特徴。
炒め物などに使うとコクが出て、醤油の色がしっかりとつく。
もちろん餃子のつけダレなどにしても美味しい。
マレーシアでは正式名称よりも、黒醤油の方が通りがよさそう。

↓こちらが黒醤油さん↓
写真 2.JPG

中華料理店などで「黒炒飯」などのメニューを見て、なんぞこの邪悪なものは!と思ったことがある方もいるかも知れないが、これは黒醤油を使ったチャーハンのこと。
私も滅多に見かけないので、見つけたらラッキーって感じで必ず注文する。

日本ではネットや中華食材店などで手に入れることができる。

にもかかわらず!私は買ったことがなかった。
いや、特に理由はないんだけど。買ってもあんまり使わんかったら無駄になるしなー、くらいの感じで。
あとけっこう種類があるんだけど、ずっと義母に聞きそびれて、結局どれだかよく分かんないままだったし。

で、今回義母と一緒に中華食材店に行く機会があり、そこで初めて購入した。
うん、これならコックもいるし、使い方も分かっていいよねってことで←

↓そしてさっそく作ってもらったのがこちら↓
写真 1.JPG
※レシピは下に

ビーフン。激ウマ。

マレーシアの屋台でよく食べる味!そしておふくろの味!
まぁ、私のおふくろの味じゃないですが。

日本のビーフンて、焼きそばみたいな感じで、タレが付属した状態で売ってるものが多いけど、個人的にはあれってけっこうビミョー。
美味しいけど、結局焼きそば買っちゃうのよね。

でもこの黒醤油さえあれば、もう焼きそばなんてっ!!
ビーフンの足元にも及びませんわ!!

とかいって、焼きそばの中華麺を黒醤油で炒めてもだいぶ美味しいんだけど。

ともかくこれ入れると、なんでも美味いよっていうね。お話です。

黒醤油ビーフンレシピ
※材料(4人分)
台湾ビーフン…120g
もやし…1/2袋
にんじん…1/2本
豚肉…100g
●調味料
黒醤油…大さじ2
オイスターソース…小さじ2
塩…少々

※作り方
1、ビーフンは戻し、にんじんと豚肉は細切りにしておく
2、フライパンに油を敷き、肉と野菜を炒める
3、火が通ってきたらビーフンを加え、●の調味料を入れて炒め合わせる。全体がムラなく茶色くなったら完成!

お好みでチリソースを添えると、よりマレーシア感アップ。
各食材は、下記よりお買い求めください。

中国のたまり醤油『珠江橋牌 老抽王』(クール便とは同梱不可)どろっとしたたまり醤油ですがほのか...
中国のたまり醤油『珠江橋牌 老抽王』(クール便とは同梱不可)どろっとしたたまり醤油ですがほのかな甘味と香ばしさが特徴で味は見た目よりも薄めです♪【おうち中華】【RCP】SS10P03mar13
¥360 楽天市場


本場の味を湯せんでとってもカンタンに!おいしい台湾ビーフン
本場の味を湯せんでとってもカンタンに!おいしい台湾ビーフン
¥588 楽天市場


Maggi(マギー)チリソース340g
Maggi(マギー)チリソース340g
¥233 楽天市場



ランキングに参加しています↓ぽちっとな↓
にほんブログ村 料理ブログ エスニック料理(レシピ)へ
にほんブログ村
posted by しゃちま at 14:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マレーシア・中華料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/341659121

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。