2013年05月13日

ジャングル化する息子の言語

息子1歳10ヶ月。単語数もかなり増えてきて、二語文(単語を二つ組み合わせた文章)も言えるように。
歩き始めたのは11ヶ月と少し早目だったものの、言葉の方はなかなか出てこなくて心配していたが、二歳までに二語文という平均ペースに何とか追いついてきた様子。

でんしゃくるよ 
でんしゃはやい
でんしゃきた
でんしゃバイバイ
はっしゃオーライ

など、たくさん話してくれる。
ま、ご覧の通りほとんど電車関連なんだけど。

もっといっぱい話すようにならないかな〜とワクワクしながら待つ日々。
母は話好きなので、早くたくさんおしゃべりしたいわけ。

そんな最近の息子さん、
いろんな言葉が混ざっちゃってる。

水→みず
開けて→开开(開けるという意味の中国語)
リンゴ→アポー

と言った具合。

どうやら様々な言語の中で、その単語の一番言いやすい発音をチョイスして使っている様子。
「リンゴ」より「苹果(ピングオ)」より「apple」が言いやすかったんだね。
「開けて」より「open」より「开开(カイカイ)」が言いやすかったんだね。
要領のよさは褒めてあげたいが、公園などでは私がときどき同時通訳をしている。

先週あたりから「ウーグイ(カメの中国語)こわい」も言っている。
日中バイリンガルによる、日中バイリンガルにしか通じない文章である。

両親が中国人で日本育ちの友人が
「この“ハイセン”のやつ美味しそー」とか「“ヘイジュン”どのくらい?」とか言ったのを散々バカにして大爆笑したことがあったけど←鬼畜、このままいくとうちの息子もあちらのコースに行きそうである。

ちなみに“ハイセン”は海鮮のこと。
「海」は中国語で「ハイ」と発音するので、友人は「海」を中国語読み、「鮮」を日本語読みするという何とも器用なことをしていたのだ。
同じように“ヘイジュン”は平均のこと。

バイリンガルの弊害とでもいうのだろうか。
特に幼少期から2つ以上の言語に触れてきた人は、こういう絶妙?珍妙?な混ざり方をしていることが多いような気がする。

漱石と魯迅を両方原語で読めるくらいにはなってほしいなぁ…って願いは欲張りだろうか。
ま、私は魯迅読めないけど←

変な日本語使うと、顔面凶器な時代物作家のじぃじが烈火のごとく怒りそうなので、まずは日本語で覚えさせないといけないかもしんない。

ランキングに参加しています↓ぽちっとな↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Brown Bear, Brown Bear, What Do You See? [ボードブッ...
Brown Bear, Brown Bear, What Do You See? [ボードブック] / Bill Martin (著); Eric Carle (イラスト); Henry Holt Books for Young Readers (刊)
¥821 Amazon.co.jp
posted by しゃちま at 14:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/355598317

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。