2013年06月04日

番菜事件

だんなと同じレストランでバイトしていた頃のこと。

この店は母体が警備会社だったのだが、その社長の娘が時々店を手伝いに来てた。
まぁ、手伝いと言うか、顔出しと言うか、口出しと言うか。

彼女はムツ子(仮名)、確か当時16歳くらい。
目指すところがあり、高校を中退。
10代半ばにはとても見えない老け顔大人びたルックス。
体も大きく立派で、バブル風な化粧もバッチリだ。
クソ生意気な誰に対しても物怖じしない態度は、さすが社長の娘と言った感じ。

ムツ子さんは毎回“社長の娘風”をびゅんびゅん吹かせて、喝を入れるつもりで張り切って来ていたようだった。
しかし、いかんせんまだ16歳。
完全に空回っていた。

それでなくても、相手は産まれた時から割かし過酷な環境で生きてきた東南アジア人。
虎の威を借っただけのしょんべん臭い小娘の言うことなんか、聞くわけないのである。
そもそも仕事より自分を100%大事にしてる人間を、権威で御そうなんて思うほうが間違い。

で、必然的に毎回抱腹絶倒な光景が繰り広げられることに。

ある日も怖い顔で乗り込んできたムツ子さん。
制服に着替えると、店のみんなに「夜露死苦!」と三原じゅん子の如きカッコゆすなあいさつをキメる。
私を含め、みんな鼻白んでいるのだが、そんな空気を意に介す彼女ではない。
そのままの流れでキッチンへ喝入れ。

「お客さんが入ってきたら、キッチンからもいらしゃいませって言って」

この一言が、マレーシア人たちの反骨テキトー精神に火を点けた。

客が入って来る。
その瞬間、ムツ子さんの「いらっしゃいませ」に被せるかのように、キッチンから響く、ふざけたイントネーションの「イラッシャイマセ〜!!!」の大合唱。
ある者は声を裏返し、またある者は不必要に語尾を伸ばし、みんな思い思いのいらっしゃいませをお客様にぶつける。
しかしそんな元気な声のしたキッチンを見てみると、みんな目が完全に座っている。

ムツ子さんもそれに気付いたようだが、さすがにずらりと並んだ8つの死んだ瞳が怖かったのか、直接は言えなかったようで、私にチクチク言ってくる。
めんどくさいので、のらりくらりかわす。

ム「なにあれ、ふざけてんの?」
私「え?一生懸命やってるつもりだと思いますよー」
ム「いつもああなわけ?」
私「ええ、いつも元気ですよー」

もちろんいつもは、キッチンからいらっしゃいませなんて言ってない。
てゆーか体育会系のチェーン居酒屋じゃあるまいし、言ったら客が引くのは分かりそうなもんである。

腑に落ちない様子のムツ子さん、今度はオーダーを取りに。

ムツ子さんは字を書くのが遅い。しかもハッキリ言って下手だ。
しかしそれをフォローするかのように、一生懸命、丁寧に書き込んでいく。
なかなか健気である。
お客さんも、そんな彼女の様子を見て取って、一つ書き終わるのを待ってから次の注文を言ってあげている。

が、そんなお客さんの気遣いに、焦りを覚えるような彼女ではない。
正に一文字入魂と言った感じの、ゆったりとしたスピードでオーダーを取り終えると、颯爽とデシャップ(キッチンとホールをつなぐ窓口)へとやって来た。

「生春巻き、揚げ春巻き、パパイヤサラダ、鶏肉のフォー、それから香菜を小皿で出して」

オーダー表の上紙を、ぎこちない手つきで切り取りながら、S気溢れる口調で注文を伝える。
そして切り取ったオーダー表を、デシャップカウンターにパシーッと叩きつけると、自分は飲み物を用意するためさっさと立ち去る。

キマッたぜって感じがプンプンした。

オーダー取っただけなのに、何がそんなに誇らしいのかは不明だが、それはもういい。
問題は彼女の書いたオーダー表だった。

マレーシア人たちが、カウンターに置かれたままのそれを交互に覗きこんでは、実に楽しそうにクスクス笑ったり「ラヲエ〜(マジウケるの意味。マレーシア華人のスラング。何語か不明)」と言い合ったりしている。
そして口々に謎の単語「ファンツァイ」を連呼。

客足が引いてきたころ、ムツ子さんが小休憩を取っていいと言ってくださったので、遠慮なく一服することに。
喫煙スペースが、キッチンの中の小部屋だったので、いつものようにキッチンへ。
するとだんなの兄が、いたずらそうな笑みを浮かべながら「ちょっとこれ見て」と声をかけてきた。
見ると、冷蔵庫にさきほどのオーダー表の一部が切り取られて、水で貼り付けられている。
何だろうと思い、よく見てみると、そこにはこう書かれていた。

番菜

一瞬何のことか分からなかった。
見間違いじゃなかろうか。そう、何度も思った。
しかしそこには間違いなく、「番菜」と書かれていたのだ。
香菜じゃなくて。

あ、ムツ子さん、漢字間違えちゃったのね。

これですべての謎が溶けた。
さきほど彼らが言っていた謎の単語「ファンツァイ」は「番菜」を中国語読みしたものだったのだ。
道理で聞き慣れない単語だと思ったら、存在しない単語だった。

一人納得して頷いている私に、みんな代わる代わる話しかける。

「これなに」
「どこにあんだよ、番菜」
「ちょっとムツ子さんに聞いて来て、これなにって」
「すいません、うちの店、この野菜はありませーん」

言っては笑い、笑っては言い、ゲラゲラゲラゲラ楽しそうである。

私もあまりのおかしさに、タバコ咥えながらゲホゲホしてしまった。
ここで笑えたことで、ムツ子に対するイライラも吹き飛んだ気がした。

その後もムツ子さんは、何度もオーダーを間違えたり、混んできてテンパりながら業務をこなしたりしていた。そして蛍の光が流れる頃、いつも通りみんなとまかないを食べることなく1人帰って行った。

めんどくせー1日が終わったので、私はほっとしていたのだが、マレーシア人たちはもう彼女のことなんか頭にない様子。
目の前の皿に盛られたまかないに、むしゃむしゃかぶり付いて、心からの笑顔でバカな話をしている。

いいなぁ、彼らのこの感じ。

フライドチキンにかぶりつきながら、思わず彼らを羨望の眼差しで見てしまった。

彼らは基本的に、偉そうにしている人が嫌いである。
そして権威や体制にあまり媚びない。
表面はニコニコしてても、裏で舌を出してるってことが多い。
その20代と思えない図太い神経は、なかなかアッパレである。

ムツ子さんは権威を笠に着た人間のプロトタイプでゲロ苦手だったけど、彼女とマレーシア人たちとの攻防を見て、ああいう人にはこう接すればいいんだなぁと勉強になった側面もあったので、ある意味いい出会いだったと思っている。

あれから10年近く経つ。
夢を追っていた彼女の名を、テレビで聞く日を楽しみに待っているが、まだその日は訪れない。
元気にしているだろうか。
漢字は書けるようになっただろうか。

彼女に幸あれ。


ランキングに参加しています↓ぽちっとな↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
にほんブログ村
posted by しゃちま at 00:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | だんな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。