2013年05月24日

豊田車両センター

先日遊びに来た友人が「豊田にでっかい車庫があって、電車がいっぱい停まってるんだよねー」と言っていたので、その情報だけを頼りにノープランで息子連れて出かけてみた。

あえて下調べなしである。たまにはいいよね!とか思ってさ。

豊田に着いたのはちょうど午前11時半。
南口を出て、線路沿いにベビーカーでひたすらまっすぐ進む。

その間も、中央線を始め、特急列車かいじや貨物列車などが、すぐ横を通り過ぎていくので、そのたびに息子は喜んでいた。
IMG_8463.JPG

息子はこのガソリンタンクを積んだ貨物列車を見るたびに
「でんち!でんち!」
と言っている。
まぁ、たしかに巨大な単1電池っぽい。

あと洗車も間近で見ることができた。
IMG_8442.JPG

電車もガソリンスタンドみたいな、両側が巨大ブラシのやつでブワブワ洗われるのね。
知らなかったので、面白かった。
デカいから洗われてる姿も迫力あるね。

歩くこと10分、車両センターが見えてきた。
IMG_8444.JPG

が、入り口からは遠くてよく見えない。
地図を見ると、すぐ隣が公園だったので、そこがビュースポットなのかと勝手に思い込んでいたが違った。
確かに入り口のすぐ横に、中原公園という公園があったが、同じ距離なので意味なし。

ビュースポットを探すべく、彷徨い始める。
センターを右手に、そのまままっすぐ進んでみた。
しかし、行けども行けども、あるのは住宅ばかり。
しかもニュータウン的な感じで、部外者は内部の道に入りにくい感じ。

仕方なしに、ニュータウンの切れ目まで歩いてみると、右手に豊田電車区公園というユニークな名前の公園が。
一応ここで大きな通りに出て、この方向での住宅地は一区切り。
IMG_8446.JPG

が、名前とは裏腹に、ここから車両センターは全く見えず。

公園を右に曲がり、また住宅地の周りを歩く。
なんだかどんどんセンターから遠ざかっていく…。そして暑い…。
流れ出す大量の豚汁汗をぬぐいながら、へーこら進む。
しかも住宅地越しに、チラチラ車両センターの方向を確認していたので、傍から見たらたぶん人んちの庭を覗き見て回るのが趣味の人のよう。

くっそーと思いながらしばらく行くと、ニュータウンに終わりが見えてきた。
通りを挟んだ向かいに、ニュータウンより前に建てられたであろう住宅が並んでいる。
左手に旧住宅街、右手に新住宅街となっているその通りを入る。
結局ニュータウンの周りをコの字にぐるりと周った形に。

で、突き当りについに車両センターの深部が見えてきた。
わーい、と思って足早に近づいて行ったものの、やっぱし遠い。

そして何重ものフェンスで、車両はモザイクがかかっているかのようにぼんやり。
IMG_8447.JPG

薄々気付いてはいたけど、やっぱり下調べしていかないとダメだね。
子連れにノープランは禁物だと、汗だくで肝に銘じるウスラバカ。

しばらく眺めていると、センターのスタッフの人が声をかけてくれた。
そして秋頃センターの公開イベントが催されると教えてくれた。
去年もあったそうで、今年も開催が決定しているのだが、来年はたぶんやらないんじゃないかとのこと。
そういうのに弱いので絶対行っちゃう。
ちなみに去年は10000人近い来場者で、弁当が足りなくなるほどの大盛況だったそう。

その後、目の前ににある八ケ下公園という小さな公園に移動。
そこの滑り台の上から、かろうじてフェンスごしでない車両を拝む。
IMG_8453.JPG

まーそれでも遠いよね。

息子も微妙だったのか、反応がイマイチ。
しばらく遊んで帰ることに。

が、帰ろうとすると恒例のイヤイヤが始まり、公園内をこけつまろびつ逃げ回る息子。
砂だらけになったので拭いてやったのだが、それも暴れて拒否するので再び転倒。
拭きたてで湿っていたので、より砂だらけに磨きがかかる結果に。

どう考えても完全な自爆なのだが、どうやら諸悪の根源は私らしく、あらん限りの怒りと反抗をぶつけてくる。

結局強制的に抱っこして公園出てからも、10分ほどイナバウアー状態で阿鼻叫喚していた。
残念ながら、なす術がないのでシカトして歩いていたら寝た。
さすがに私もこめかみに青筋がたっていたが、寝顔を見ると全てチャラなのである。
ま、いつものリズムだねー。

そんなこんなで大して楽しめなかったけど、帰りに他の鉄道イベントのポスターを見つけたので、明日はそれに行ってみることにした。

明日はちゃんと下調べして行こっと…とほほ…。


ランキングに参加しています↓ぽちっとな↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
【関連する記事】
posted by しゃちま at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 子連れてくてく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/363379602

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。