2013年07月24日

マレーシアの自動販売機

私が初めてマレーシアに行ったのは高校生の時。修学旅行だった。
ただでさえ楽しい修学旅行。しかも私にとっては初の海外だったということもあり、かなりはしゃいでいた。
とても楽しかったのだが、残念な思い出がある。

それが自動販売機だ。

暑いマレーシア。水分補給は必須である。
その時ものどが渇いたので飲み物を買おうと、道端の自動販売機へ。

あれ、なんか、暗いな…。

全体的に薄汚れていて、電気がついていない。
壊れているようにも見えたが、一応ブーンという電子音はしている。
まぁ、良く分かんないけど海外の自販機って、こんなもんなのかなと思ったオメデタイ私は、割と躊躇うことなくコインを投入。

・・・あれ、反応がない。

JKの私を完全にシカトしてくる自販機。
足りる分入れたつもりだったけど、もしかしたら間違えたのかも。
コインをよく見て再び投入。

・・・いつまで黙ってるつもりですか。

ここまできて、世間知らずだった私もさすがに気付いたよ、壊れてるって。

焦って返却ボタン押したり、ビシバシ叩いたりするも、ウンともスンともスラマッパギーともいいやがらねぇ。

なんだコラ!日本人ナメんじゃねぇぞ!
ファキンジャップくらい分かるよバカヤロウ!バンバン!


と、やっちまいたかったのは山々だったが、女子高生なのでそんなことはしない。
いろんなボタンを少しずつポチポチしてから、とぼとぼ帰った。

もう、あれは誰かの貯金箱だったと思うことにする、うん。
はぁ、海外って、怖いところだなぁ…。
照り付ける太陽の下、汗だくでツインタワーの前の通りを渡りながら、初めて海外に対して小さな敗北感を覚えた私だった。

で、この話をふと思い出してだんなにしたら、
「そうそう、道端のは、ほとんど壊れてるか盗まれてるんだよねー」だと。
私も今なら驚かないけど、当時はけっこう衝撃だったなぁ、なんて会話をした。

そしてだんなも自販機にまつわる思い出話を披露してくれた。

だんなが小学生の頃、よくお父さんと付属中高の校庭に朝のランニングに行っていたそう。
通常は入校の際にちょっとした手続きがあるのだが、顔の広いお父さんは警備員のマレー系の人とも知り合いなので顔パス。

父子2人で、早朝の誰もいない校庭を走り、爽やかな汗を流す。
私も話を聞きながら、なんて微笑ましい光景だろうか、と穏やかな気持ちになっていた。

しかし、そこはマレーシア。
タダでは終わらない。
だんなはこう続けた。

「でさぁ、学校に自販機があったんだけど、それが偽のコインで買えたんだよね〜

おっと、一気にきな臭くなってきたぜ。

だから毎朝、家でアルミホイルのコイン作って行くんだ〜。上手に作ってさ〜

警備員さんも、まさか顔パスで入れる人が、こんなセコいことしてるとは思ってないだろうなぁ。
やってることが偽造テレカよりショボいよ。

で、そうやって買った飲み物を、いつもランニングの後に飲んでいたんだそう。
やってくれるよ、お父ちゃん…。

私の父も不良性の高い人だが、彼の場合は自覚がある。
義父の場合は、真面目でいい人ってところがミソ。
そういう人でも「タダで買えるの?じゃあやっちゃお!」って、フツーにやっちゃうところが決定的な文化の違いだよ。
バレなきゃいいんだよと、あっけらかんとしてる。
こういうところに、やはり善悪のグレーゾーンの広さを感じずにはいられない。
政情、治安、社会の不安定さと、このグレーゾーンの広さは比例している気がする。
まぁ、自分の身を自分で守らなきゃいけないから、当然っちゃあ当然なんだろうけど。
結果、逞しくて真っ直ぐでちょっとズルい人たちになっていくのかもね。
そして私は彼らのそんなところが大好き。で、ちょっと憧れている。

と、私がたかが自販機の話で、1人であれこれ考えているうちに話し終えただんなは「懐かしいなぁ…」としみじみしていた。

あ、ちなみに今の自販機は、ちゃんと偽コインでは買えないようになってる。と思う。
なので良い子のみんなは、くれぐれもアルミホイルで上手に作ってみたりしないようにね!


ランキングに参加しています↓ぽちっとな↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
にほんブログ村


posted by しゃちま at 15:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マレーシア見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369316795

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。