2013年08月24日

中国絵本『小石狮』

中国在住の友人に頼んでおいた中国絵本3冊が、やっと私の手元にやってきた。
中国Amazonで見つけて数ヶ月。首を長くして待っていたので、本当に嬉しい。
あ、なんで自分で買わないのかって言うと、送料が高いから。
確か2000円くらい。そんなに払いたくない。
なので中国住の友人に買ってもらい、彼女が帰国した際に受け取った。

今日は息子のお気に入り『小石狮』を紹介したい。
この本、日本語版もあって、邦題は『ちいさなこまいぬ』
以前行った中国絵本展での展示を見て、絶対に欲しいと思っていた一冊。

小さな村の守り神である狛犬の視点から描かれた、ちょっとだけ切ない作品。
※送料高くてもいい、と言う方はこちらからどうぞ。

作者の熊亮は中国絵本業界では若手。
絵はパソコンと手描きの組み合わせだそう。
落ち着いた色調に、柔らかい描写がなかなか素敵。

写真.JPG

文はとても平易。
1ページにつき1~2行ほどで、とくに難読な漢字もない。
対象年齢は2歳前後からだろうか。

読み始めて1週間ほど。
息子がタイトルの「石狮」という単語を覚えてくれた。
「石狮 よむ〜?」と本を持ってくるのが可愛い。
ただ使う機会はあまりなさそう。
だって狛犬ってさ、そんなにしょっちゅうは見ないよね。

で、この本、『绘本中国 导读手册』なる、おまけの小冊子が付いてきた。
日本語にすると『中国絵本 読み方の手引き』とでもなるのかな。
写真 1.JPG

写真 2.JPG

児童文学の研究をしている教授から、一般の主婦まで、いろいろな方の文章が載っている。
どれもこの作者の作品について書かれている。
チラ見しかしてないので、今度ゆっくり読んでみたい。

ランキングに参加しています↓ぽちっとな↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


日本語版『ちいさなこまいぬ』は↓こちらから↓
ちいさなこまいぬ [大型本] / キム シオン (著); 長田 弘 (翻訳); コンセル (刊)
ちいさなこまいぬ [大型本] / キム シオン (著); 長田 弘 (翻訳); コンセル (刊)
¥1,470 Amazon
posted by しゃちま at 00:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。