2013年08月13日

お手軽インスタントマレーシア料理

先日、お盆休みで東京に出てきた名古屋在住のマレーシア人の友人が、我が家に泊まりに来てくれたので、故郷の味に飢えてるだろうと思い、マレーシア料理を振る舞ってみた。

作ったのはこちらの3品。写真 3.JPG

奥から豆苗の炒め物、海鮮とオクラのチリペースト炒め、手羽先と卵の八角煮。
豆苗以外はインスタント料理用調味料を使ってみた。

所でこういうの何ていうの?日本でいうと、クックドゥーとかうちのご飯みたいなやつ。
まぁいいや、とりあえずインスタント料理用調味料ってことで。
義両親が来日した際に、たくさん持ってきてくれたので使ってみた。

袋はこんな感じ。
写真 1.JPG

左がチリペーストで、右が煮物の。
お値段それぞれ約117円と126円。安い。
ところで右の煮物の袋の日本語は、果たして何て読めばいいのか。
“しちゅいち”でいいのだろうか。

実はワタクシ、マレーシア料理なんて滅多に作らない。
調味料からそろえるとなると大変なので、こういうときはインスタントが一番。

国際結婚してると、よく「家でどんな料理作ってるの?」って聞かれるんだけど、申し訳ないくらいフツーの日本の家庭の料理です、うちは。
コロッケとか、煮魚とか、グラタンとか…。
だんなも毎日みそ汁すすってますよ、ええ。
え、期待外れですか。いやいや、たぶんどこもそんなもんです。

で、このインスタントの話ね。
チリペーストの方はだんなが作ったんだけど、けっこう味が濃かったみたいで、一皿に対して半袋のみ使用。
煮物の方は私作。量的にいけそうだったので、そのままブッ込んだ。

どちらも美味しくて、友達も満足してくれた。
インスタント袋を写メって、実家から送ってもらうとか言ってた。

あと個人的な感想として、日本のこの類の商品と違って、あんまり“味の素”って感じの味がしなかったのは良かった。
いや、たかだか私の舌なのであんま信用しないでいただきたいのだが。

今回このインスタント探したんだけど、日本では買えるとこ見つからなかった。
残念…。
もし作りたければ、ひと声かけていただければ対応します。
あとは、味は変わっちゃうけど、手軽に手に入るタイカレーペーストなんかでも代用できると思う。
いろいろチャレンジしてみる価値はありそう。

同じメーカーの他の商品はアリババで売ってました。
http://japanese.alibaba.com/trade/search?selectedTab=product&_csrf_token_=xuucl4nhv7el&SearchText=masfood
参考までに。

レシピ
海鮮とオクラのチリペースト炒め
※材料
●エビ…16尾
●イカ…1〜1/2杯
●オクラ…2袋
●ニンニク…1片
●チリペースト…1/2袋

※作り方
1、エビは殻を取る。イカはワタを処理し輪切り。オクラは斜め切り。ニンニクはみじん切り。
2、フライパンに油を敷き、ニンニクを炒める。香りが立ってきたら、エビとイカを入れ炒め合わせる。
3、半分ほど火が通ったらオクラを入れる。
4、全体に火が通ってきたらチリペーストを投入し一炒め。

手羽先と卵の八角煮
材料
●手羽先…20本ほど
●卵…5個
●ニンニク…1/2個
●老抽王(黒醤油)…大さじ5
●水…1500ml

作り方
1、卵は茹でて殻をむいておく。
2、鍋に水を入れ火にかける。沸騰したら全ての材料と1の茹で卵を入れ、弱火で1時間ほど煮る。


ランキングに参加しています↓ぽちっとな↓
にほんブログ村 料理ブログ エスニック料理(レシピ)へ
にほんブログ村


ユウキ レッド・カレーペースト 50g / ユウキ食品ユウキ レッド・カレーペースト 50g / ユウキ食品
¥262 Amazon

posted by しゃちま at 23:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マレーシア・中華料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

だんな飯

うちのだんなは元コック。つってもバイトだけどな。
ただ出来合いのものを出すチェーン店ではなかったので、バイトと言えどきっちり鍋は振るっていた。
元々料理が上手な方ということもあって、たまに作ってくれる料理はどれも美味しい。

子供産んでからは、休日の間だけでも私の家事&育児の負担を減らそうと、いろいろ協力してくれる。
これってやっぱ家族思いな中華系の男だから??

ちなみに義父も結婚後は家族といる時間を大事にするため、出張の多いセールスの仕事を辞め、地元の貴金属店に転職したナイス夫。
また義母の裁縫の内職が夜遅くまでかかる場合は、終わるまで隣で新聞読んだりして寝ないで待ってる。

うーん、素敵。素敵よ、マレーシアンチャイニーズガイ。

と、ここまで国産三十路豚のキモいノロケを聞いていただいて、ありがとうございました。
エチケット袋は各自ご用意ください。

で、そんなうちのだんな。今日も晩ご飯作ってくれた。

↓今日のメニューはこちら↓
写真.JPG
左:オクラと煮干しの炒め物
右:キュウリと豚肉の炒め物


両方ともマレーシア華人の家庭では、よく食卓に並ぶ家庭料理。
いわゆる「家常菜」だそう。
どちらも簡単で食べやすい味でオススメ。

オクラと煮干しの炒め物
※材料(4人分)
●オクラ…3袋(25本)
●煮干し…大さじ4杯くらい
●にんにく…一片
●塩…小さじ1
●味の素…少々

※作り方
1、にんにくはみじん切り、オクラは斜め切りにしておく。
2、フライパンに油を敷き、にんにくを炒める。
3、香りが立ってきたら煮干しを入れて炒める。焦げやすいので弱火〜中火で。
4、煮干しに火が通ったらオクラを入れ、よく火が通るまで炒め合わせる。塩、味の素で調味して完成。

キュウリと豚肉の炒め物
※材料(2〜3人分)
●キュウリ…3本
●豚こま切れ肉…100g
●にんにく…一片
●塩…小さじ1/4
●砂糖…小さじ1/4
●黒醤油(なければオイスターソース)…小さじ1強

※作り方
1、にんにくはみじん切り、キュウリは斜めにスライス、豚肉は好みの大きさに切っておく。
2、フライパンに油を敷き、にんにくを炒める。
3、香りが立ってきたら豚肉を入れ炒める。
4、豚肉に火が通ったらキュウリを入れ、少ししんなりするくらいまで炒め、調味料を入れ炒め合わせたら完成。

キュウリを炒めるのは、日本人には馴染みがないけど、中華料理ではけっこうメジャー。
私も最初は抵抗あったけど、一度食べるとけっこうハマる。
気になったらぜひお試しあれ。

ランキングに参加しています↓ぽちっとな↓
にほんブログ村 料理ブログ エスニック料理(レシピ)へ



にほんブログ村中国のたまり醤油『珠江橋牌 老抽王』(クール便とは同梱不可)どろっとしたたまり醤油ですがほのか...
中国のたまり醤油『珠江橋牌 老抽王』(クール便とは同梱不可)どろっとしたたまり醤油ですがほのかな甘味と香ばしさが特徴で味は見た目よりも薄めです♪【おうち中華】【RCP】 10P06may13
¥378 楽天市場


posted by しゃちま at 00:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マレーシア・中華料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月31日

第二回餃子ぱーりー

先日、元同僚の慰労会をうちで開催。
しかし振り返ってみれば、慰労会と言う名目のもとに、ひたすら餃子を食べる会だったことは否めない。
まぁ、友達みんなが集まれば、必然的に餃子包もっかってことになるので、当然だよね。

今回も皮から。しかし前回の経験があるので、もうもたつくことはなかった。
皮担当の来訪とともに動き出す皮作り。
あっという間にできてしまった。

こねられ、寝かされ、切られ、伸ばされる。
734165_4544127769237_1397032810_n.jpg

続いて餡たち。
IMG_7468.JPG

一番上から時計回りに
牛豚山芋、エビ、牛肉クレソン、イタリアン、素。

「素(su4)」っていうのは、中国語でお肉を使ってないやつのこと。
他にも「菜(cai4)」って言い方もある。
この前回も作った素の餡は、前職場の中国人のおばちゃんが昼休みに食べてたのを真似したやつ。
日本人からすると意外な組み合わせなんだけど、本当に美味しい。
※レシピは前回ブログ参照

そして焼き焼き茹で茹で
IMG_7479.JPG

IMG_7480.JPG

今回は人数が多かったので、たぶん150個は作ったんでなかろうか。
しかし全員飲みながら作ってたんで、最終的にはどれがどれだか分からなくなり、食ってみないと具が不明と言う、闇鍋ならぬ闇餃子の様相を呈していた。

そして何が一番美味かったって、最も邪道のイタリアンっていう。
あれは新しい形のピザだった。
それにしても、まさかピザと餃子が日本人によって融合されようとは、イタリア人も中国人も夢にも思うまい。
これが戦後の復興を支えた、日本人お得意の猿真似である。

たくさん笑って、お腹いっぱいで、大満足した。

餃子餡レシピ
@エビキャベツ
材料…20個前後
豚ひき肉…50g
むき海老…150g
キャベツ…中くらいの葉2枚
ガラスープの素…小さじ1
ゴマ油…大さじ1
酒…大さじ1/2
片栗粉…大さじ1
塩、こしょう…少々

作り方
1、エビは細かく切り、酒と塩(分量外)をまぶし臭みを取る。
2、キャベツはみじん切り。
3、片栗粉以外の材料を全てボールで混ぜ、粘り気が出てきたら片栗粉を加えて一混ぜする。

Aイタリアン
材料…20個前後
豚ひき肉…70g
トマト…中1/2個
モッツァレラチーズ…20g
バジル…7〜8枚
オリーブオイル…小さじ1
塩…小さじ1/2
片栗粉…大さじ1

作り方
1、トマトは湯剥きしてからみじん切りにし、水気をよく切っておく。
2、チーズも細かく切り、バジルは手でちぎっておく
3、材料を全て混ぜ合わせ、片栗粉を加える。
※トマトから水分が出てくるので、早めに包んで焼いてしまうのが良い


ランキングに参加しています↓ぽちっとな↓
にほんブログ村 料理ブログ エスニック料理(レシピ)へ
にほんブログ村


posted by しゃちま at 13:27| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | マレーシア・中華料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。