2013年08月03日

マレーシアの中国語・車編

不定期開催マレーシアの中国語講座。
今回は車に関するものを集めてみた。
こういう日常よく使うものほど、言い方の差があるように思う。

とりあえず並べてみます。

オートマ車…自动牙zi4dong4ya2
マニュアル車…手牙sou3ya2
キー…锁匙suo3si2
右折…转右zuan3you4
左折…转左zuan3zuo3
前進…直走zi2zou3
バック…退后tui4hou4
※発音表記はマレーシア華人風にしてあります。

いかがですか、この初歩的な単語集。
免許ない上に車に興味ないので、ちょっとお寂しい感じに。

それでも大陸とは、かなり言い方が違うのはお分かり頂けると思う。

まずオートマ、マニュアルの「牙ya2」は、ギアの意味。
大陸では「档dang3」が一般的かな?あんま自信ないすけど。

キーは車に限らず、何でも锁匙。
钥匙に比べると、やや物々しい感じがしないでもない。
あとsuoshiでピンイン入力しても予測変換に出てこないので、けっこうディープななまりなのかも。

右折、左折は通常「往〜拐」「拐〜」という言い方をするのは、学習者ならご存知かと。
日常的によく使う言い回しなので、私もマレーシアに行ったときに使用したところ、義母に「あ゛ぁ?」と言われ撃沈。そんときのトラウマも相まって、こっちの言い方がすっかり定着してしまった。

あ、中国語に触れたことがない方のために解説しておくと、義母の「あ゛ぁ?」は別にフツーに「なぁに?」くらいの感じ。
怒ってるわけではない。

余談だが、中国語は内容が理解できない日本人にとっては、やはりキツく聞こえる言語だと思う。
初めて中国に行った時、レストランでお会計をしていたら、突然後ろから全然知らない角刈りの中国メンズ客が割り込んできて、会計カウンターのこれまた角刈りメンズ店員に何やら大声&早口でまくし立て始めた。
すると店員は相手の角刈りの顔も見ずに、親指で自分の背後を指さしたのだ。
彼の指差す先にはドアがある。

これはもうどう考えても
角刈り客「てめーコノヤローぶっ殺してやる!」
角刈り店員「表出ろ」

の展開だ。

ハラハラしながら見守っていると、角刈り客はなぜか「謝謝」と言って1人でドアに向かった。
そしてよく見ると、彼の向かった先はトイレだった。

何のことはない、客が店員にトイレの場所を聞いただけだったのだ。

中国語を習い初めて半年ほど。
いろいろできるつもりではいたけど、初めて聞く現地人の中国語が全く理解できずに、無駄にドキドキした苦い経験でした。懐かしい。

あ、解説に戻ります。
っつても、前進とバックは、大した違いじゃないと思うので省くね。

そんなこんなで、第三回マレーシアの中国語講座は、この辺で唐突に終了。

どっちかって言うと、自分のために書いてるような…笑


ランキングに参加しています↓ぽちっとな↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
にほんブログ村

posted by しゃちま at 15:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マレーシアの中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

あけおめとマレーシアの中国語2

明けましておめでとうございます。
っつても世間はもうすっかり仕事モードなわけで。今更かよってお思いでしょうけど、主婦はこの辺の境が曖昧。気分はまだグレーゾーンでダラダラしてますが、今年もよろしくお願いいたします。

正月は実家で育児放棄の数日間。母を家政婦兼乳母扱いし、まったく癒しの日々だった。自立してない頃に戻りたい、能書きばかりたれて世界を知った気になっていた学生時代に戻りたい、と切実に願いながらうちに帰る。

さて、うちの中は一体どんだけめちゃくちゃになってるんだろうか。まずは洗濯機から溢れているに違いない洗濯物を洗って、それから発砲トレイの散乱しているであろうキッチンをキレイにして、とか考えながら玄関を開ける。

なにこれキレイ。

ぜーんぜん散らかってないのである。洗濯物はきちんと干してあるし、キッチンには洗われた牛丼屋のトレイ。布団だってきちんと畳んである。
「も〜私がいないとダメなんだから〜うふふ♪」って言いながら片付けるのやりたかったのにできなかった。
なんでだい。やっぱり私がマイルド鬼嫁だからかい。
私の帰宅に戦々恐々としながら、一人で黙々と家事をこなすだんなの姿を想像して、ニヤリとしたドSな年明けでした。


突然ですがここで不定期開催、マレーシアの中国語講座。
今日はこれ。

踏脚车(ta4jiao3che1)

「踏」は動詞で「脚车」は名詞。台湾の中国語を聞きなれた人なら、もしかしたらピンとくるかも。

正解は「自転車に乗る/こぐ」

通常の中国語テキストには「骑自行车(qi2zi4xing2che1)」と載っている。まぁ、私もそれで習った。なんて発音しにくいんだ、と憤りを覚えたセンテンスの一つである。
なので、このマレーシア華人の言い方を聞いたときは、これいただきって思った。

ちなみに台湾人は「踏脚踏车(ta4jiao3ta4che1)」と言っている。また大陸でも南の方ではこの言い方のほうが一般的なようだ。どの辺の南からなのか、とか細かいことは聞かないでいただきたい。研究してるわけじゃないので知らん。
これもなかなか言いやすいが、マレーシアの言い方には負ける。ただ誰にでも通じるのかは疑問。

また、よりマレーシア華人に近づくには、まず「踏(ta4)」の語尾を詰まらせ「タッ」にし、「脚车(jiao3che1)」はche1の反り舌音をなくせばok。
これであなたもマレーシア華人。
っつてもマレーシアって道路危なすぎて、ほとんど自転車乗らないから使う機会皆無だけど。

ご清聴ありがとうございました。
今年も頑張ります。もとい、今年は頑張ります。
posted by しゃちま at 22:33| マレーシアの中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

南峇山追加調査とマレーシアの中国語

前回のブログの冒頭で書いた南峇山の謎について調べてみた。
この山の元々の名前はマレー語でGunung Lambakという。Gunung は山で、Lambakは山の名前。これを中国語で言うとLambakが南峇(nan2ba1)、Gunung が山(shan1)で、南峇山となる。「la」が「na」に変化しているのは広東系のなまりの影響と推測。広東系の人には子音の「L」と「N」の反転が多々見られる。たぶんね。私の経験上なので確かではない。

で、肝心の第二音baなのだが、漢字が間違っているのかと思いきや、そうでもなさそう。マレーシアにBatu Pahatという市がある。漢字にすると峇株巴辖(ba1zhu1ba1xia2)となり、ここでもbaは峇の字で表されているのだ。他にもいくつか調べてみたが、やはりマレー語のbaは峇という字で表されていることが多かった。つまり、そういう決まりってことみたい。発音は「ke」と「ba」でかけはなれているように感じるが、中国語に直された横文字って、けっこうこういうことある。日本語のカタカナもだいぶひっちゃかめっちゃかなので、他言語のこと言えた義理じゃないんだが。

っていうことでした。マニアックなうえに大したことなくてすいませんでした。
まぁ、今後マレーシアで「峇」という字を見かけたら、元はマレー語のbaなんだな、と思ってください。普段めったに使わない漢字なので、まずマレー語を訳したものだと思って間違いないでしょう。たぶんね。
ちなみに義父やだんなは峇の字を、ずっとbaと読むものだと思っていたらしい。

まさかこんなに南峇山について考える時間が来るとは思わなかった。大して思い入れのない山である。別に体年齢60代の私に、他に思い入れのある山があるわけもないんだが。
もう山について今後これ以上考えることはないだろう。一生分の山仕事であった。

ということで山を離れて、おまけにマレーシアの中国語を一つ。
「伤风(shang1feng1)」ってどういう意味でしょう。日本の漢字にすると「傷風」。勘のいい人は分かるかもしれない。

正解は「風邪」

一般的な中国語では「感冒(gan3mao4)」だが、マレーシアではあまり言わない。
使って通じないことはないが、もしかしたら気取ったやつと思われるかも。ウソウソ、そんなことはない。マレーシアジン ミンナ イイヒト。

使い方は感冒と同じ。
我伤风了→風邪ひいた
でOK.

この際、「伤」の発音をshangからsangにし、最後の「了」もleではなくliaoにすると、もう完全にマレーシアンチャイニーズである。実は「风」も微妙になまってるんだが、字では説明できないのでマレーシア華人探して言ってもらってください。

このように単語ひとつとってもマレーシア人は、なかなかに特徴のある中国語をしゃべっている。もちろんなまりも上記のようにそれなりに強い。さらにこの中に普通語以外の言語が、ふんだんに盛り込まれてくるので、もーガイジンの私からしたら、そんな中国語やってらんないんである。

今後も思い出したら、ちょこちょこマレーシアの中国語講座を開いていきたい。
ご清聴ありがとうございました。

ランキングに参加しています↓ぽちっとな
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
にほんブログ村
posted by しゃちま at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マレーシアの中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。