2013年04月15日

一寸先は闇

今朝、実家での出来事。

息子が椅子の上にいる猫をいじくっていた。
ヒゲを引っ張り「ひげー」、足を握り「あしー」、眼球突き刺さんばかりに目を指さし「めー」

実家には2匹の猫がいるのだが、1匹は比較的凶暴で、もう1匹はめちゃくちゃ穏やか。
そしていじくられているのは、もちろん穏やかな方。
彼は本当に大人しくて、大げさでなく本当にシャーとかフーとか言っているのを、私はこの10年1度も見たことがない。

が、しかし。
息子のあまりの傍若無人ぶりに、ついに堪忍袋の緒が切れたのか、
突然牙をむき出しシャーーーー!!

驚いた息子は『うわぁぁぁぁぁ!』と、まるで漫画のような分かりやすい驚き方で号泣。
バタバタと私に駆け寄り、抱き上げるとしがみついてくる。
なんじゃこれかわえーと思って慰めながら猫を見ると、猫もビックリして丸い目をさらに丸くしていた。
そんなにビックリされるとは…って顔してる。

と、ここまでは休日の平和な一コマ。
この先が地獄の一日の始まり。

落ち着いてきた息子を降ろし、気の立った猫を隣の部屋に移動させるため抱きかかえようとしたその時!
椅子が倒れ、私の左足の小指を直撃!

ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!

と叫びたいところだが、痛すぎて声も出ない。
その場にしゃがみこみ、全身を芸術的にクネクネさせながら悶絶。

そしてそんな私のアングラ劇団な動きを、部屋の隅から見つめる息子と猫。
未知のカルチャーに触れ、茫然としている。

うへぇぇぇ今なら血反吐が吐けちゃうよぉぉぉぉ小指がひでぶぅぅぅ!!

とか思いながらも何とか立ち上がり、猫を引っ掴んで廊下にポイ。
続いて息子に笑顔を見せ安心させる。
まぁ間違いなく兵隊やくざみたいな引きつり顔だったろうけど。

img_437885_8926924_0.jpg
※兵隊やくざをご存じない若者の皆様のための参考写真

しかしこの吹き出す豚汁冷や汗はどうしたことか。
痛みも一向に引く気配がない。

とりあえず冷やしてみるかと、けんけんで冷蔵庫まで行くと、なぜかツボった息子に爆笑される始末。
うちの子、引き笑いするんだよね。いつもは可愛いと思うんだけど、さすがに必死で冷蔵庫に向かう背中に、さんまばりの「ひぇええええ!!」って引き笑い浴びせられたもんだから、思わず「いや、全然おかしくねーわ!」って語気荒くツッこんでしまった。余裕が全くない母である。

そしてしばらく冷やしてみたものの、結局腫れも引かず。
患部の色も淡い朝焼け→真っ赤な夕焼け→漆黒の闇夜へと、ヤバめの変色を遂げてきたので、叔母に子守りをお願いして病院へ。

足にハナマサのビニール巻いてたどり着いた緊急外来。
レントゲンを見てビックリ。

バラバラ

文字通り、小さな欠片がいくつも散らばってる。

そう、複雑骨折してたのね、私の小指さん。
通りで痛いはずだと一人納得。

先生によると、固定する以外特にできることはないのだそう。
なのでアルミ板で軽く固定して処置は終了。
で、痛みは1週間ほどで引いてくるが、全治は1ヶ月とのこと。
それ聞いて、

全治1ヶ月か…カッコいいぜ、フッ…

とか思ってしまう悲しき中2脳。

最後に先生が松葉杖を勧めてくれたのだが、足の小指ごときで大袈裟じゃわい!と断る。
が、速攻で後悔。辛い。根性なんかゼロのくせに、なんであんな意地張ったのか。
できることならあのときに戻って、自分の小指に真心を込めて空手チョップしてやりたい。
あんな中2病は痛い目に合えばいい。

結局じぃちゃんのサンダルと、ばぁちゃんの杖という謎の形見装備でだんなに付き添われて帰宅。

じぃちゃんもばぁちゃんも草葉の陰で呆れているに違いない。

とほほ…。

痛い…。


↓ランキングに参加しています↓ぽちっとな
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

posted by しゃちま at 00:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

手作り中国語絵本

昨年7月の息子1歳の誕生日に、友人と一緒にオリジナルの絵本を作った。絵と文を、それぞれ友人2人が書いてくれ、それを私が中国語に訳した。
2人とも高校の同級生で、みんな同じようなタイミングで母親になった。

文を担当してくれた友人曰く、どんなに探しても中国語の絵本がどこにも売っていなかったのが、この絵本を作ろうと思ったきっかけだそう。

確かに書店に英語の絵本はあるが、中国語の絵本を見かけたことはない。
ネットでは少し売っているが、私だって人にプレゼントするときは、ちゃんと中身を見て決めたい。

少し余談になるが、中国Amazonなどを覗いてみても、中国語の絵本は最低でも3歳くらいからのものが多く、1,2歳向けの内容が平易なものは少ない。
あと絵があんまし可愛くない。
面白そうなオリジナルのお話もあんまない。
と、クソミソに言ってみたが本当なので仕方ない。
※中国アマゾン0−2歳向け絵本のページはコチラ


で、出来上がった本を手に取った時、その完成度の高さに驚いたのはもちろんのこと、この不思議な縁と深い友情に、根性の捻じ曲がった腐れビッチな私も、感動の涙を禁じえなかった。
何より絵本に登場する男の子が、うちの息子をモデルにしてくれているのだとすぐに分かって嬉しかった。

しかも絵を描いてくれた友人は、イタリアに美術留学後、結婚して現在はブラジルに住んでおり、メールでのやり取りを通じてやっとできた作品だ。

↓その本がこちら↓
写真 1.JPG

写真 2.JPG

あいにくのガサツな神経なので、絵のことは全く分からないが、彼女の絵は柔らかで女性的で大好きだ。
この本は本当に私と息子の一生の宝物だと思う。

しかし残念なことに、まだ一度も読み聞かせていない。
大事にしすぎて、部屋に飾ったままなのだ。
あと開いた瞬間、思いがありすぎて滂沱の涙が溢れ出すので読めない。

3ヶ月後の2歳の誕生日に読み聞かせようと、1人心に決めている泣き虫母でした。


ランキングに参加しています↓ぽちっとな↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

posted by しゃちま at 22:17| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

どんな顔でも心は日本人です

最初に断わっておきますけど、タイトルに見合うようなシリアスな内容じゃないので。

結婚後、初めてマレーシアへ行った時の話。
なので今から大体7、8年前。たぶん。まだ20代前半のピッチピチだった頃。

行きの飛行機の中では、なんとか向こうの文化に馴染もうと、電子辞書と睨めっこで必死に使えそうな中国語を頭に詰め込んでいたな。
懐かしいな…(遠い目)

ま、フタを開けてみたら訛りがキツくて、ほとんど聞き取れなかったんだけど。
私の話す東北訛り気味の中国語も、義父以外にはあまり通じなかったしで散々だった。

着いて数日して訛りにも慣れてきた頃、義父に連れられ親戚やご近所に挨拶周りに。
社交的な義父は地元でも顔が広いみたいで、かなりいろいろな所へ行った。
だんなの母校の校長先生のお宅から、幼い頃よく行っていたという町の文房具屋さんまで。
さすがに文房具屋さんは「そこ行くんかい、キリねーべ」と思ったけど。
まぁでも町の様子を見て回るだけで楽しかった。

で、問題なのは、義父がほぼ全員に
「ところでうちの嫁、何人に見える?」
ともれなく聞いて周ってること。

というのも、私は色黒で目つきがキツく、いわゆる日本人らしくない外見をしている。
実際、日本にいても海外にいても、外国人に間違われることが多々あった。

水道橋で雨の中信号待ちをしていたら、突然後ろからフィリピーナに傘を差しだされ、フィリピノ語で話しかけられた10代の頃。
友人と3人でタイに行ったとき、空港で現地職員に「two tuorist and one guide」と、ガイド認定をされたのはバックパッカーのときだったか。
海外の空港と言えば、入国審査の際、帰国者ゲートに案内されるのは毎回のこと。
学生時代バイト先の弁当屋で、酔っ払いに「日本語上手だね〜」と慈しみの目で見られる。こらこら、私は頑張って学費稼いでるアジアの留学生じゃありませんよ。
またある時は「あなたが4チャンに出てるよ!」という友人からのメールに慌ててテレビをつけると、そこには乳振り乱して踊るオバマ大統領のケニアの親戚女性が。悔しいかな、これがなかなか似ている。そして何だか自分が乳ブルンブルンさせてるような気がして、ちょっと恥ずかしくなる。
しまいにはブラジルに嫁いだ友人のだんな様に「この人、ブラジル人に見える」と言われる始末←New!!

と言った具合。
最近さすがに自分でも一体どこへ向かっているのか分からなくなってきた。

色白で優しい目をしたドラマの中の大和撫子以外、ほとんど生の日本人を見たことがなかった義父にしてみれば、私の外見は衝撃的だったのかもしれない。
もう平井堅とかデヴィ夫人とか、そのくらいのレベルの外人顔に見えたのかも。
自分では宇梶剛士くらいの外人度だと思っているが。

ちなみに私の父はイタリア系高倉健、母は色白醤油顔。
足して割ったら何故か祖父がアフリカ系のベトナム系アメリカ人が出てきたという、ね。

それにしても、この
嫁が何人かと聞いて周る謎の行脚
はいつまで続くのか。

こんな風にクイズにされてる我が子を見たら、うちの両親が悲しむだろうな…あはは…。

しかも、どいつもこいつも、ことごとく不正解なわけで。
記憶をたどってランキングにすると下記の通り。

1…台湾人、中国人、マレーシア華僑
2…マレー系マレーシア人
3…タイ人



次点…日本人


1位に関しては、中国語を話していたためと思われる。
2位が見た目で判断した、正直な結果なのだろうか。
3位に関しては、ここ10年毎日のように言われているので感覚がマヒ。

補足として、南方の中華系の人の中には、とても東南アジアチックな顔立ちをした人が稀にいるので、おそらくそういう人だと判断されたのだろう。マレー系やタイ人で中国語が話せる人は、ほとんどいないので。

日本人と答えたのは確か1人だけ。郊外の土産屋のお兄ちゃんだった。あれは記憶に残る1票だった。
薄々気付いてはいたけど、こんな風にアンケート取って周られた日には、完全に認めるしかないよね。

日本人に見えないって。

まぁでも日本人に見えないからって、特に何か困ったことがあるわけでもなく。
案外自分では色黒なのも気に入っているので、むしろネタに尽きない日々で楽しいくらい。

ただ前職場でナイジェリア人に
「you、オキナーワノヒトデスカ?」
と聞かれたことがあるのだが、あのとき「え!日本人に見られた!」と、無性に嬉しかったのも事実よね。

こんな訳の分からん見た目でも、帰属意識はしっかり日本にあり。

このアンケート、一度日本でもきちんとやってみたいところです。


ランキングに参加しています↓スカイツリーをぽちっとな↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ベリーダンス 衣装 <4枚セット>ファインタッチビンディーSP(マットタイプ)インド ビンディ...
ベリーダンス 衣装 <4枚セット>ファインタッチビンディーSP(マットタイプ)インド ビンディー お買い得品
¥980 Amazon.co.jp


レイヤードノースリーブ3Dアオザイ 黒×ガーネット
レイヤードノースリーブ3Dアオザイ 黒×ガーネット
¥14,300 楽天市場



posted by しゃちま at 14:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マレーシア見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。